アクションゲーム

ホラーサバイバルの王道、Dead by Daylightモバイルってどんなゲーム?ゲームの流れを解説!

大人気ゲームのDead by DaylightはPC版/PS版/Switch版/Xbox版が存在していましたが、このたびようやくモバイル版がリリースされたのでプレイしていきます。

Dead by Daylightってどんなゲーム?

Dead by Daylightはカナダに本社を置くBehaviour Digital社が制作した非対称アクションホラーゲームです。

4人のサバイバー(生存者)がキラー(殺人鬼)から逃げ切ることを目的とした非対称対戦ゲームです。

ゲームの流れ

このゲームはキラー側とサバイバー側のどちらでプレイするかでゲーム性が大きく変わってきます。

サバイバー(生存者)側では四人のプレイヤーが一組となり、キラーに殺される前に脱出することが勝利条件となります。

サバイバー(生存者)側

①まずはキラーから逃げる

このゲームの基本はキラーに見つからないように逃げることです。

操作はバーチャルパッドで行いますが、なかなか複雑なので慣れる

▼細かい動きを必要とするので慣れが必要

②フィールドの障害物を利用する

逃走時には、フィールドに設置された柵や木の板などを使ってキラーを足止めすることができます。

▼窓や柵は乗り越えることができます。

ロッカーに隠れる際は閉じる音でバレてしまうことがあるので、キラーが近すぎる時は注意しましょう。

▼ロッカーに隠れたところを見られないようにしましょう。

③発電機を指定の数修理する

ゲームに勝利するためにはマップに配置された発電器のうち、5つを修理する必要があります。

4人で散り散りになるのか、みんなで1つずつ修理していくのかはチームの作戦次第です。

▼発電機は複数人で修理した方が速く修理できます

また修理中にはスキルチェックというタイミング合わせが急に出現することがあります。

これに失敗すると大音量で爆発が起こるのでキラーに修理中であることがバレてしまいます。

▼失敗した時はキラーが来る前に逃げましょう

④仲間が吊るされたら助けよう

キラーはサバイバーに攻撃をしかけた後は近くのフックに吊るします。

この状態で一定時間が経過するとそのプレーヤーは死亡(退場)してしまうので、仲間が吊るされたら救助に向かいましょう。

▼仲間が担がれていたら救助に向かいましょう

⑤脱出ゲートを開けて逃げ出そう

そして5つの発電機の修理が完了したら、脱出ゲートを開けることができます。

ゲートが開くと大音量のブザーが鳴ってキラーに気づかれてしまうので注意しましょう。

こうして逃げきれたサバイバーの勝利となります。

キラー(殺人鬼側)

キラー(殺人鬼)側は発電器を修理しているサバイバーを見つけだして四人を殺すことが勝利条件となります。

使用するキラー(殺人鬼)を選ぶ

キラーには姿を消したり斧を投げるたりと、様々な特徴があります。

自分に合ったキラーを探してみましょう。

サバイバーを見つけて攻撃

▼傷ついたサバイバーは通った道に痕跡が残ります

サバイバーを見つけたら攻撃をしかけましょう、ダウンをとれるとフックに吊すことができます。

発電器を破壊する

修理途中の発電器を蹴ることで修理状態を遅らせることができます。

全員倒すと勝利

フックに吊した状態で一定時間経過するか、フックに三回吊すとそのサバイバーは退場します。

最終的に四人のサバイバーを全員退場させるとキラーの勝利となります。

Dead by Daylightの特徴

勝敗よりも内容が重要

Dead by Daylightでは試合後に得られるポイントは試合の内容で大きく変動します。

殺されてしまってもそれまでの結果によっては大きなポイントをもらえます。

そのため、キラー側のキャンプはお互いに試合後のポイントが少なくなり不利益しかないのであまり硬直した試合にはなりづらいです。

※キャンプ:キラーがサバイバーを吊った際に、その場から離れずに救助を阻止し続けること。確実に一人を退場させることができますが退屈な試合になります。

サバイバー側は貧弱

このゲームではサバイバー(生存者)側には性能差はなく、パークと呼ばれる付与効果も最終的には全サバイバーにつけることができるようになります。

また、Dead by Daylightのサバイバーはキラーに対する防衛手段がほぼないためキラーと正面から闘うことはできません。

障害物の場所を覚えることが必要

板や窓などの障害物があるとキラーから逃げるのに大きく有利になりますが、設置された場所は多くありません。

あらかじめ場所を把握しておくことが重要です。


【デッドバイデイライト・モバイル】
はこちらからダウンロード

その他のゲーム

【別記事:スマホでできるオンライン麻雀“Maru-Jan”やってみた

【別記事:放置系タワーオフェンス「世界の半分あげるって言っちゃった」をやってみた

【別記事:ゆるい経営シミュレーションゲーム、「ねこレストラン」やってみた